アリスのパワーストーンTOP  > 店長ごあいさつ

店長ごあいさつ


アリス・クリスタルのありすです。
自己紹介は、好きなもの♪から…

かたくて冷たいもの。
透明感のあるもの。
ロマンティックなお話。
妖精。
歴史を超えて今に残るもの。

たとえば…
パンなら、ドイツパンみたいにかたいパンがすき。
お菓子なら、かた〜いクッキーがすき。
服なら、コットンや麻がすき。
かばんは、キャンバスがすき。

そして、さらに肌ざわりの冷たいものが気持ちいい。

ロマンティックなお話は、心をやわらかくしてくれる。

絵画も、音楽も、文学も、歴史を超えて、今に残るものはやっぱり魅力的なんだと思う。
もちろん、現代アートも音楽、文学にも好きなものはたくさんあるけれど、
時代背景が今とちがって、目に見える部分には共感できるところが少ないのに心惹かれるものは、きっと魂が感じているんだなあ〜って思います。

クリスタルは、そのどれもにあてはまっていて、私をとても、やさしくしあわせな気持ちにしてくれます。
そして、その不思議なやさしさには、スピリチュアリティーも感じます。

スピリチュアル、目に見えない世界は、目に見えないゆえにいろいろな見解があってやっかいなものという気もしますが、スピリチュアルであること、イコール愛することかな〜?!と思います。

「愛すること」
これまた、あいまいでむずかしいけれど、むずかしく考えずに、自分を大事にすることに始まって、自分の近い人から順番に大事にしていって、いつかは、世界中を大事にできるようになることかな〜と思います。

私、ありすは、大学でフランス語を学び、卒業後は、ごく普通のOLさんになったのですが、愛や心や人生のことが知りたくて、OLさんをしながら、大学の夜間講座などで、臨床心理学を学びました。
その後、紆余曲折を経て、ユング派の心理学を基礎とした臨床心理士のカウンセラーの女性と出会い、トランスパーソナル心理学・インナーワークについて学びながら、教育分析を受けました。

そして、その頃、トランスパーソナル心理学という分野の延長線上にあるスピリチュアルの世界を知り、その世界のことも学びました。
そして、この時期の学びが、今の私の人生の基盤となっています。
もちろん悩みや迷いはつきませんが、基本的に、おだやかに日々を過ごせるのは、この出会いとこの時期があったからだと思っています。

そのとき、もらったたくさんのもの…
そして、それだけでなく、生まれてから今まで、たくさんの人にもらったたくさんのものを…
(それが、きっと、愛って呼ばれるものなんだろう〜な…)
私も伝えてゆきたい、そんな風に思い、日々を過ごしてゆく中で、「クリスタルヒーリング」に出会いました。

大好きなクリスタル、そして、クリスタルたちがサポートするヒーリングを、米国クリスタルアカデミー「The Crystal Academy of Advanced Healing Arts」で学びました。

伝えたいものは、きっとたったひとつ…
伝える手段は、きっと無限…
その無限の中から、クリスタルを選びました。

アリス・クリスタルという限られたサイトの中で、クリスタルアクセサリーという小さなものの中で、どれだけのことができるかはわかりませんが、アリス・クリスタルという世界の中で、ベストを尽くしたいと思っています。

アリス・クリスタルという世界で、愛のような何か、生きてゆくための何かを、感じて、役立てていただければしあわせです。

ありすのモットーは、「ゆっくり、のんびり道が導いてゆくままに〜」です。

ですので、アリス・クリスタルの成長もきっと、ゆっくり、のんびりになると思いますが、どうぞ、末永く、よろしくお願いいたします。

アリス・クリスタル ありす